社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2021.11.24

急性心筋炎

acute myocarditis

解説:石神 賢一 (吹田病院 循環器内科 科長)

急性心筋炎はこんな病気

急性心筋炎とは、今まで元気に生活していた人が風邪などをきっかけに、数日の間に進行して心臓の筋肉に炎症が起こる病気です。心臓の動きが悪くなって、心不全や危険な不整脈を引き起こします。急性心筋炎は多くの場合、心筋にウイルスなどが感染して発症します。
2020年頃からは新型コロナウイルス感染による心筋炎の発症が報告されています。そのほか、心臓に影響を与える毒素や薬剤、肉芽腫(にくげしゅ)ができる難病のサルコイドーシスといった全身性疾患などさまざまな病気によって引き起こされる可能性があります。
心筋炎の中には死に至るほど急激に病状が変化するものがあり、劇症型心筋炎と呼ばれています。

急性心筋炎の症状

急性心筋炎の主な原因となるウイルスは、風邪や胃腸炎などを起こすウイルスと同じものが多いことが知られています。最初にみられる症状は喉の痛みせき発熱などで、やがて消化器症状(胃のむかつき、腹痛下痢)や感染症に伴う全身症状(筋肉痛、全身倦怠感など)が現れます。症状はごくわずかの場合もあれば、急速に進行する重度の心不全や不整脈がみられる場合もあります。心不全の症状としては疲労感、息切れ、足のむくみなどがあり、不整脈の症状としては動悸失神がみられることもあります。心筋炎に加えて心膜の炎症が起こると、胸痛が現れることがあります。

急性心筋炎の検査・診断

心電図検査や、血液中の心筋マーカー(心臓が損傷を受けたときに増加する物質)の濃度を測定して診断されます。心臓のダメージが大きければ、心エコー(超音波)検査で異常がみられ、心臓MRI検査で特徴的な異常パターンが認められることがあります。心内膜心筋生検といって、心臓の心室内の心筋から組織のサンプルを採取して、顕微鏡で調べる検査を行なうこともあります。

急性心筋炎の治療法

急性心筋炎の合併症や原因に対して、早期に治療を行なうことが重要となります。心不全の治療としては、症状を軽減するために利尿薬や心保護薬(ホルモンの働きを調整することで血圧を下げる治療薬)などを使用します。心筋炎の原因が感染症である場合は、抗菌薬やその他の感染症治療薬を使用します。
劇症型心筋炎については、PCPS(カテーテル治療)、左室補助人工心臓(LVAD)の装着や心臓移植といった手術を要することがあります。また、退院後も長期にわたって心不全に対する薬物治療が必要です。劇症型の一種である巨細胞性心筋炎は、ステロイドと免疫抑制療法で治療します。

風邪などの感染症が原因となる可能性があるため、喉の痛みやせき発熱のようなかぜ症状は急性心筋炎のサインである場合があります。急性心筋炎は子どもから高齢者まで、誰でもかかる可能性があります。かぜ症状から胸の異常や不整脈を感じる、あるいは脈が異常に早くなったり遅くなったりする極度の頻脈や徐脈に気づいたら、早期に医療機関を受診しましょう。

急性心筋炎はウイルス感染が原因になることが多く、手洗い、うがいなどの一般的な感染予防が重要です。また、免疫の低下なども感染の原因になるため、十分な睡眠をとり、ストレスを減らすように心がけてください。
そのほか、インフルエンザも心筋炎の原因になることから、予防接種を受けることも大切です。

解説:石神 賢一

解説:石神 賢一
吹田病院
循環器内科 科長


※所属・役職は本ページ公開当時のものです。異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. むくみ(症状から探す | 2020.7.30)
  2. 意識障害・失神(症状から探す | 2020.7.30)
  3. 下痢(症状から探す | 2020.7.30)
  4. 不整脈(病名から探す | 2014.6.4)
  5. インフルエンザ(病名から探す | 2014.2.12)
  6. 動悸(症状から探す | 2013.2.4)
  7. 発熱(症状から探す | 2013.2.4)
  8. 腹痛(症状から探す | 2013.2.4)
  9. 長引くせき(症状から探す | 2013.2.4)
  10. 息切れ・呼吸困難(症状から探す | 2013.2.1)