大寒寒さ本番!
牡蠣とタラの重ね焼きでカラダほっこり

牡蠣とタラの重ね焼き

牡蠣とタラの重ね焼き印刷する

材料/2人分

  • 牡蠣...160g(4~8個)
  • タラ...110g
  • 塩...0.4g
  • ホウレン草...110g
  • 塩...0.2g
  • ケチャップ...4g
  • カレー粉...0.2g
  • カラシ粉...少々(お好みで)
  • 醤油...2g
-無塩マヨネーズ-
  • 卵...20g(約1/2個)
  • サラダ油...50g
  • 酢...4g

栄養価 (1人分)

エネルギー 326 kcal
たんぱく質 14.8 g
脂質 26.9 g
カルシウム 86 ㎎
2 ㎎
ビタミンA 223 μgRE
ビタミンB1 0.15 ㎎
ビタミンB2 0.27 ㎎
ビタミンC 20 ㎎
食塩相当量 1.2 g
食物繊維相当量 2 g

作り方

(1) ホウレン草を軽くゆでて水気を切り、3cm程度に切る。

(2) 鍋に湯(分量外)を沸かし、牡蠣(カキ)をゆでる。火が通ったら取り出しておく。

(3) タラは塩0.4gを振り、牡蠣と同様に火を通す。

(4) 牡蠣をゆでた汁に塩0.2gを入れ、軽く煮たたせる。

(5) (4)にホウレン草を入れ、牡蠣の香りを移し、取り出す。

 ※ このゆで汁は捨てずに、少量とっておきましょう。

(6) 無塩マヨネーズを作る。

 ① 卵を卵黄と卵白に分ける。

 ② 乾いたボールに卵黄を入れる。

 ③ 油を数滴ずつ垂らして、泡だて器で卵黄と混ぜ合わせる。

 ※この時、分離しないよう注意しましょう。
牡蠣とタラの重ね焼き

 ④ 白っぽく固まってきたら、酢を少しずつ入れ、固さを調整しながら混ぜる。

 ⑤ ④に①で分けた卵白を入れ混ぜ合わせる。

(7) (6)にケチャップ、カレー粉、カラシ粉を加えて混ぜ合わせる。

(8) グラタン皿に、タラ、(4)のホウレン草、牡蠣を順に重ね入れ、(5)の汁を少量入れる。

(9) (8)に(7)のマヨネーズソースをかけ、200℃のオーブンで軽く焼き目をつける。

(10) できあがりに醤油を少々かける。

献立一覧
かるカロ

小寒
「色鮮やかなちらし寿司
~駿河湾の海の味と共に~」

大寒
「寒さ本番! 
牡蠣とタラの重ね焼きでカラダほっこり」

立春
「福島の冬 ~厳しい寒さを乗り越えた滋味を堪能~」

雨水
「新鮮魚介に舌つづみ! 金沢のプリプリ甘えびパエリア」

啓蟄
「日本海の恵み ~富山の春の芽生えとともに~」

春分
「春色の彩り野菜が引き立てる 南部どりと盛岡冷麺パスタ」

清明
「春を告げる岡山の味 瀬戸内の旬が満載のまつり寿司」

穀雨
「 風光る季節に 和歌山の旬が詰まった春ごはん」

立夏
「爽やかな彩りいっぱい!母の日に贈る花束レシピ」

小満
「海の宝石がキラキラ 鹿児島キビナゴのオイル焼き」

芒種
「新潟の幸が盛りだくさん 木の香り高いわっぱ飯」

夏至
「愛媛の初夏の味
~魚の王様!鯛を使って~」

小暑
「大阪の夏を涼やかに!栄養たっぷり簡単押し寿司」

大暑
「夏を元気に過ごせる! 海の幸が詰まった彩り御膳」

立秋
「墨田区がギュッと凝縮! 隅田川から始まる味紀行」

処暑
「近づく秋を感じる 熊本野菜と魚介の旨みごはん」

秋分
「絶品!チーズ香る洋風芋煮と山形郷土めし」

寒露
「実りの秋を味わう 香り豊かなキノコづくし御膳」

霜降
「松阪牛のローストビーフで ハッピーハロウィン」

立冬
「セイコガニと福井の昔ながらの味わい」

小雪
「晩秋を彩る 銀杏きらめくモチモチ中華おこわ」

大雪
「手軽でおいしい 明太子と仲間たちの手まり寿司」

冬至
「寒さ吹き飛ぶ 香川のあったかしっぽくうどん」

クリスマス
「糖尿病でもフルコース フレンチクリスマスメニュー」

▲ページトップへ